比較で選ぶ証券会社について

株などの投資を行う場合には証券会社に口座の開設が必要になりますが、この場合には、まず、証券会社のタイプから選択をし、その後に個別の会社を選ぶことになります。

個別の会社の場合には、それぞれに、サービスや強み、また、使用することができるツールによって自分が向いている証券会社を選べば問題はなく、また、ここでは、例えば手数料などでも極端な違いはありません。

しかし、証券会社のタイプで比較を行った場合には大きな違いがあるために、利便性も含めて十分に検討をした上で選ぶことが必要になります。

それは、タイプとしては、総合証券とネット証券の2つがあるために、ここでの内容を比較をしてから判断をすることが求められます。



総合証券とは法人個人に向けて金融商品の販売から売買の仲介、新規上場の引受や投資銀行業務まで全てのサービスの提供をしており、規模が大きな場合などではグローバルに展開をしているところもあります。


反面、ネット証券は、インターネットの普及とともに誕生をした会社となっており、そのほとんどはネット広告や新聞紙面などでの広告に依存をしていることが特徴になっています。

証券会社のランキングの特徴を紹介するサイトです。

この2つを比較した場合に、まず、総合証券では1対1での、いわゆる対面による資産運用に対応をしており、そのために投資に関しての情報を得ることができることや投資を任せたい人などには最適な選択の方法となります。一方、ネット証券の場合には、なんといっても人件費が低いことから手数料の安さが最大のメリットになります。

例えば、100万円の株式購入では、ネットの場合では300円程度から取引を行うことができうものが総合の場合には、最低でも3,000円程度からの手数料が必要となり、大手では10,000円近く必要になってきます。投資を行う場合には、2つのタイプの特徴をよく比較をした上で判断をし、その後に個別の証券会社を選択することが必要となります。

明日に役立つNAVERまとめのための情報を提供するサイトです。